スポーツで伸び悩む選手のための動体視力アップの秘訣TOP > 世界初のトレーニングメガネ『プライマリー』  > 段階的にスポーツに取り組み伸び悩みを解消する

段階的にスポーツに取り組み伸び悩みを解消する

 


幼児期には器用さを身につけ、学童期には持久力と忍耐力を、
思春期には力強さを養う。

子供の脳や末梢神経の発育は、生後すぐ盛んになり、
6歳ごろには成人の脳重量の90%近くまで発達するそうです。

一方、呼吸器、消化器、心臓などは神経組織よりも遅れて発育し、
思春期に急激に発達します。

骨や筋肉などは性ホルモンの影響で思春期に大きく発育し、
男の子の筋肉は女の子よりも顕著に発育する。
したがって、乳児期(1〜6歳)には、運動神経の発達を促すため、
できるだけいろいろな運動種目を経験させることが大切になってきます。

また思春期には、心肺組織や筋力の増強を目的として
個人に合った競技スポーツを選択するのがいいと思います。

以前は、子供の筋力トレーニングは効果がなく
むしろ障害の危険性が高いと言われてきましたが、
最近では、負荷を軽くした適切な筋力トレーニングも研究されています。

幼児期には、上達することを目的に様々な運動やスポーツを体験させ、
基本的な動作を身につけさせ、

学童期には、粘り強くなるように、
筋力と呼吸器系などを一定のスピードで動かす運動を、

そして思春期には、
力強くなるために、負荷のかかる運動や瞬発力を養うスポーツを選択する。

このように、身体的な発育に伴い運動やスポーツを段階的に行うことで、
将来に大きな影響を与える様々な心身の発達を手助けし
来るべき自分にあったスポーツを選択する時期に備えることが
大切になってきます。
 

スポーツの動体視力アップ秘訣記事一覧

段階的にスポーツに取り組み伸び悩みを解消する

幼児期には器用さを身につけ、学童期には持久力と忍耐力を、思春期には力強さを養う。子供の脳や末梢神経の発育は、生後すぐ盛んになり、6歳ごろには成人の脳重量の90%近く...

親が偉大すぎると子供は伸び悩む?

親から子へ、スポーツの世界では親子2代で一流プレーヤーとして活躍している人はほとんどいない。親が偉大すぎると子供なりの、何か伸び悩みのような問題があるのかも知れません。...