基礎から学ぶ 遊澤亮が教える驚異の卓球上達法TOP > 卓球の基礎知識 > 卓球の歴史

卓球の歴史-卓球の基礎知識

 
1880年代にイングランドで上流階級のローンテニス愛好者たちが、
雨の日に食堂のテーブルを使って行ったのが卓球の原型といわれています。

その後、セルロイドのボールを皮張りのラケットで打つと「ピン」、
相手の台に落ちると「ポン」と音がするところから
その音をなぞらえてピンポンと呼ばれるようになりました。

しかし「ピンポン」という言葉が商標登録されていたため「テーブルテニス」
の名称が採用されました。

日本へは1902年(明治35年)にヨーロッパから坪井玄道氏という方が
ネット、ラケット、ボールなどを持ち帰ったことにより伝来し、
その後、国内に広まっていきます。

1988年ソウル大会からオリンピックの正式種目となり、
1926年に始まった世界選手権大会は
現在、団体戦と個人戦が毎年交互に開催されています。

国内大会では、全日本選手権(一般の部)の他に、
「8歳以下の部」から「85歳以上の部」まで幅広く、
年齢層ごとの全日本選手権が開催されています。

日本卓球協会へは約30万人が登録しているそうですが、
最近の卓球実施状況の調査によると、
月1回以上の卓球実施者は推計約300万人という結果がでています。

福原愛さん石川佳純さんなど、人気選手の存在もあり
根強い人気スポーツでもあります。


遊澤先生の基礎から学ぶ卓球上達法の紹介

日本卓球界のカリスマ遊澤先生のDVD
が発売!
遊澤亮氏の常勝の秘密が今明らかに。。。

大学時代無敗、オリンピック2度出場など
数々の大会で実績を残した遊澤亮氏が
卓球の上達法を基礎から丁寧に公開しています。
>>>基礎から学ぶ 遊澤亮の卓球上達法

■遊澤亮プロフィール
オリンピックに2度出場!監督兼選手として、日本卓球リーグ高い優勝3回。
など、数々の大会で実績を残し日本卓球界で「常勝」軍団を作っている。
【実 績】
 1996年〜1998年 全日本学生卓球選手権 男子シングルス 優勝(3連覇)
 関東学生リーグ戦では32勝0敗(30勝はストレート勝ち)
 1996年 アトランタオリンピック・男子ダブルス出場
 1998年 アジア競技大会 男子団体・混合ダブルス 銅メダル
 2003年・2007年 全日本社会人卓球選手権 男子シングルス 優勝
 チーム監督兼選手として
 2006年 日本卓球リーグ前期大会 優勝
      全日本卓球選手権 団体の部 優勝
 2007年 日本卓球リーグ前期大会 優勝
      日本卓球リーグ後期大会 優勝
      日本卓球リーグファイナル4 優勝
 2008年 全日本実業団卓球選手権 優勝
      全日本卓球選手権 団体の部 優勝


卓球の基礎知識記事一覧

卓球とは

卓球とはどのようなスポーツかと言うと、卓球台にネットを張ったテーブルをはさんで競技者が相対し、ラケットでセルロイド製のボールを打ち合い得点を競う球技です。室内で気軽...

卓球の歴史

1880年代にイングランドで上流階級のローンテニス愛好者たちが、雨の日に食堂のテーブルを使って行ったのが卓球の原型といわれています。その後、セルロイドのボールを皮張りの...

ラケットの種類

卓球のラケットは大きく分けて「シェークハンドとペンホルダー」の2種類に分けられます。シェークハンドは握手という意味の通り、握手する時のようにグリップを握ります。...

プレースタイル

卓球のプレースタイルは大きく分けると、守備型か攻撃型にわかれます。攻撃型の中でもドライブ(ボールに上回転をかける)を主体にプレーする戦型をドライブマンといいます。 ...

初心者は基礎から

卓球というスポーツは、しっかりと基礎を身に付ければ、必ず上手くなれるスポーツです。運動神経が良くなくても、センスがなくても、基礎さえしっかり学んで練習をすれば強くな...


 
太陽光発電費用