テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム 必勝法TOP > テニス初心者上達法 > サーブを決める

テニス初心者上達-サーブを決める

 


サーブを決めるためには、まずトスを安定させることが重要です。トスが安定していないと、フォームも安定せず、自分の狙っているところにボールが行きません。

ラケットのインパクトなどの意識も大事ですが、
まずはトスを安定させること・・・これ重要ですよ!
普段の練習から意識してみると良いと思います。

また、普段の練習から
足の位置についても意識しておくようにしましょう。

なぜなら、普段の練習でフットフォルトを犯してしまう方が
意外に多いのですが、これは普段から意識しておかないと
試合の段階で急に修正がききません。
※フットフォルトとは、サーブを打つ際に、
 足がエンドラインを越えてしまうことです。

無理に意識することでフォームにぎこちなさが出てしまい、
本来の実力を出すことが出来なくなります。
なので、フットフォルトが多いと思う方は、普段から
しっかり意識して練習しておくといいと思います。

また、サーブする位置についてですが、
これはシングルスとダブルスで位置が違います。

ダブルスであれば、
シングルスのサイドライン上からサーブを打つのが一般的です。

シングルスであれば、
センターラインより少し離れた位置からサーブを打つのが一般的です。

あとは、サーブの種類(フラット、スピン、スライス)で、
自分がコートに入れやすい位置を探してみることが重要です。

自分のボールの球筋を考えて、どの位置が自分に最適な場所か
練習から、しっかり見極めながら取り組むと良いでしょう。

 

杉山貴子のダブルス必勝プログラム

テニスは技術だけでは勝つことはできません。戦略を練り、戦術を駆使すれば、体格は関係なく、技術の上手い相手でも勝つことができるスポーツです。
テニス特待生としてインナーハイや国体でも活躍!
>>>杉山貴子のダブルス必勝プログラム

これまで100以上の草大会で優勝している「草大会の女王」杉山貴子さんがダブルスの試合での「必勝法」をお教えします。
【杉山貴子さんの実績】
■日大三島高校時代はテニス特待生でありインターハイ選手
■日本大学時代 国体選手
■草トーナメントの三大クラシックといわれる
 ミタカニューイヤートーナメント、軽井沢国際テニストーナ
 メント、田園テニストーナメント それぞれにおいて優勝。
■PTRマスターズシングルス5年連続優勝。
■シングルス(s)、女子ダブルス(WD)、ミックスダブルス(MIXD)で
 の3冠を2年連続で達成!!
■現在は自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジにてインス
 トラクターを務める。

テニス初心者上達法記事一覧

サーブを決める

サーブを決めるためには、まずトスを安定させることが重要です。トスが安定していないと、フォームも安定せず、自分の狙っているところにボールが行きません。ラケットのインパクトなど...

ボレーの精度を上げる

ボレーの精度をあげるためには、フットワークが大事です。つまり、ボールに対していかに無理のない位置でボレーするように体を持っていくのかが重要です。そのためにはスプリットス...

ストロークを安定

ストロークを安定させるために意識する事は、準備を早くするということです。準備が出来ていないと、当然ですが相手のボールをしっかり返せません。打ちやすいポジションへの移動、...

スマッシュを決める

スマッシュを安定させるために特に気をつけることは、リラックスして、ボールをよく見ることです。特に相手のボールが適当な高さにあがりチャンスボールになった時によくあるこ...

ショットの種類

テニスにおけるボールの打ち方は、大きく分けて、 ■ストローク ■ボレー ■スマッシュ ■サービスの4つがあります。「ストローク」とは、自分のコート内に来...

サーブの打ち方

基本的にサービスとは自分で頭上に投げたボールを自分のラケットで打つため、そこまで難しいものではありません。ちなみに、自分で頭上に向かってボールを投げることをテニス用語で...

スマッシュの基本

スマッシュとは、前にもお話したとおり、自分のコートに来たボールをラケットで上から下に振り抜くことで相手コートに返す打ち方の名称です。スマッシュはノーバウンドでもワンバウ...



ダイエットの歴史