テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム 必勝法TOP > テニス初心者上達法 > スマッシュの基本

テニス初心者上達-スマッシュの基本

 


スマッシュとは、前にもお話したとおり、
自分のコートに来たボールをラケットで上から下に振り抜くことで相手コートに返す打ち方の名称です。

スマッシュはノーバウンドでもワンバウンドでも打つことは出来ますが、ワンバウンドの場合は自分の身長より高くバウンドすることが前提になります。

このため、ワンバウンドでスマッシュを打つのは、かなり限られた状況になるのが分かるかと思います。よって、ほとんどの場合はノーバウンドで打つことになります。

さて、スマッシュを打つコツですが、ボールの高さと力の入れ方が大事です。ボールの高さは、自分がいつもサービスを打つトスの高さをイメージしてください。

サービスを打つ位置というのは、ラケットを振る力がもっとも自然にボールに伝わる高さです。
この高さについては身長やラケットの長さによって人それぞれなので、サービスを反復練習することで身につくと思います。

次に力の入れ方ですが、力を入れるのはボールを打つ瞬間だけです。
最初から最後まで全力でラケットを振ろうとすると、当てるのも難しいですし、ボールが飛ぶ方向もコントロールしにくくなります。

ラケットの振り方としては、肩に担いだ状態から、
斜め前方に振りぬくイメージで打つと打ちやすいでしょう。

スマッシュはサービスをもう一度打てるようなものなので、
ゲーム中においてはポイントを得るチャンスです。

成功したときの快感も大きく、花形のショットといえるため、
しっかりと身に着けておくことをおすすめします。

 

杉山貴子のダブルス必勝プログラム

テニスは技術だけでは勝つことはできません。戦略を練り、戦術を駆使すれば、体格は関係なく、技術の上手い相手でも勝つことができるスポーツです。
テニス特待生としてインナーハイや国体でも活躍!
>>>杉山貴子のダブルス必勝プログラム

これまで100以上の草大会で優勝している「草大会の女王」杉山貴子さんがダブルスの試合での「必勝法」をお教えします。
【杉山貴子さんの実績】
■日大三島高校時代はテニス特待生でありインターハイ選手
■日本大学時代 国体選手
■草トーナメントの三大クラシックといわれる
 ミタカニューイヤートーナメント、軽井沢国際テニストーナ
 メント、田園テニストーナメント それぞれにおいて優勝。
■PTRマスターズシングルス5年連続優勝。
■シングルス(s)、女子ダブルス(WD)、ミックスダブルス(MIXD)で
 の3冠を2年連続で達成!!
■現在は自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジにてインス
 トラクターを務める。

テニス初心者上達法記事一覧

サーブを決める

サーブを決めるためには、まずトスを安定させることが重要です。トスが安定していないと、フォームも安定せず、自分の狙っているところにボールが行きません。ラケットのインパクトなど...

ボレーの精度を上げる

ボレーの精度をあげるためには、フットワークが大事です。つまり、ボールに対していかに無理のない位置でボレーするように体を持っていくのかが重要です。そのためにはスプリットス...

ストロークを安定

ストロークを安定させるために意識する事は、準備を早くするということです。準備が出来ていないと、当然ですが相手のボールをしっかり返せません。打ちやすいポジションへの移動、...

スマッシュを決める

スマッシュを安定させるために特に気をつけることは、リラックスして、ボールをよく見ることです。特に相手のボールが適当な高さにあがりチャンスボールになった時によくあるこ...

ショットの種類

テニスにおけるボールの打ち方は、大きく分けて、 ■ストローク ■ボレー ■スマッシュ ■サービスの4つがあります。「ストローク」とは、自分のコート内に来...

サーブの打ち方

基本的にサービスとは自分で頭上に投げたボールを自分のラケットで打つため、そこまで難しいものではありません。ちなみに、自分で頭上に向かってボールを投げることをテニス用語で...

スマッシュの基本

スマッシュとは、前にもお話したとおり、自分のコートに来たボールをラケットで上から下に振り抜くことで相手コートに返す打ち方の名称です。スマッシュはノーバウンドでもワンバウ...



ダイエットの歴史