元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法TOP > 少年サッカーの技術練習 > パス

パスについて

 


パスサッカーは、別名ポゼッションサッカーともいいます。
現代サッカーの主流を成すフットボールスタイルで、W杯を制したのも、クラブ世界一を制したのもパスサッカーを志向したチームでした。

ポゼッションとは、自分たちがボールを支配している状態のことで、パスを交換しながら得点のチャンスをうかがうスタイルです。
相手がボールを持たなければ、決して失点しないという概念から生まれました。

少年サッカーでも近年、パスサッカーが浸透していて、
パスを出す、受けるといった基本動作が重要視されています。

パス練習では、まず、ショートパスをやり取りできるように
練習しなければなりません。これは基本中の基本とされています。

二人一組でインサイドキックでパスを交換し続けます。
パスを受け、止め、蹴るという動作を繰り返すのです。

馴れてきたら距離を伸ばしたり、
浮き球でパスを交換したりできるでしょう。

最終的にはサイドチェンジが出来るくらいの距離でパス交換できればいいですね。
この距離で正確にパスを出すのは、かなり高度な技術になります。

実際の試合では、止まってパスを受けることは、
ほとんどありません。動きながらパスを受けて、
動いている仲間にパスを出すことがほとんどです。

ですから、練習もより実践的になってくると
ミニゲーム形式で行うようになってきます。

2対1、2対2などに分かれて、走りこむ先にパスを出す練習です。こうすることで、よりパスの精度を上げ、
そしてパスの受け方を学んでいけるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 注目!

 大切なお子様のサッカー上達で悩んでいる。
 本当に1から練習したいけど教材がない。

 練習や試合の時に、
 他の選手についていけない我が子を見て、
 思わず叫びたくなる。

 子供のサッカー技術を上達させたい!
 そんな経験がある方は
 こちらの →トップページ もご覧下さい。

1人でもできる!少年サッカーの上達法


子供のサッカーを上達させたい!
本当に1から練習できる教材がほしい!

元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法とは
「一人でもできる」「親子でもできる」
というコンセプトに基づいたトレーニング方法です。
>>>元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法

越智隼人とは・・・
セレッソ大阪、モンテディオ山形で活躍し、現在はサッカースクールコーチ、山形地区、山形県トレセンコーチを務める。サッカー指導のプロ「越智隼人」が地元クラブチームを設立からわずか5年で県大会優勝まで導いたトレーニング法を公開!
2005年、たった一人の生徒から始まったクラブチームを、わずか5年で県大会優勝にまで導いた越智隼人が、一人でもできる、親子でもできるトレーニングメニューをまとめました。

少年サッカーの技術練習記事一覧

ドリブル

サッカーは、ゴールキーパー以外手を使うことが許されていません。ですから、ボールを移動させるには、パスするかドリブルのどちらかを選択することになります。ドリブルとは、足を...

パス

パスサッカーは、別名ポゼッションサッカーともいいます。現代サッカーの主流を成すフットボールスタイルで、W杯を制したのも、クラブ世界一を制したのもパスサッカーを志向したチームでし...

シュート

サッカーは点を取るゲームです。ですから、シュートを打たなければ勝つことが出来ません。まずシュートの練習では、正しいフォームでシュートが打てるように助けることが必要で...

トラップ

トラップとは、出された浮き球やパスを自分のコントロール下に置く動作のことをいいます。パスで受けたボールの勢いを殺す、止めるということですね。このトラップ技術は少年サッカ...

ヘディング

サッカーは基本的に足を使うスポーツですが、頭は積極的に活用してよいことになっています。これをヘディングといいます。少年サッカーで、ヘディングはゴール前で使用する...

リフティング

リフティングは、ボールを落とさずにコントロールする技術のことで、サッカーの現場ではよく行われる練習方法ですね。サッカーですから、手は使わず、胸、足、腿、頭を使ったトラッ...



クレジットカード 還元率