元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法TOP > 少年サッカーの技術練習 > ヘディング

ヘディング「少年サッカーの技術練習」

 


サッカーは基本的に足を使うスポーツですが、
頭は積極的に活用してよいことになっています。

これをヘディングといいます。

少年サッカーで、ヘディングはゴール前で使用することが多くなります。
センタリングをはじき返したり、逆にコーナーキックからシュートしたりする場面でよく使います。

足が届かない浮き球を処理できるので、非常に有用です。
ヘディングが出来ない選手は、選手として使うことが難しいと
いわれるほど現在サッカーでは重視されています。

必ずしも背が高いほうが良いわけではなく、
ジャンプのタイミングや体の使い方が
上手な選手のほうがヘディングは得意なようです。

少年サッカーの場合、ヘディングを怖がってしまう子供たちが多いようです。成長途中の少年の骨格でロングパスをヘディングすると、かなりの衝撃になる場合もあります。

それで、恐怖心を除くために「きちんと額にボールを当てれば痛くない」ということを徹底して教えてあげましょう。

ヘディングはインパクトの瞬間まで眼を開けておくことが重要です。
怖がってインパクトの瞬間に目を閉じてしまうと、
つい脳天でボールを捉えるようになると、痛みも増します。

まずは、自分でボールを持って、
上を向いて軽くヘディングする練習をさせるとよいでしょう。

眼を開けたままヘディングでリフティングが出来るようになれば、試合でも恐れずにヘディングできるようになるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 注目!

 大切なお子様のサッカー上達で悩んでいる。
 本当に1から練習したいけど教材がない。

 練習や試合の時に、
 他の選手についていけない我が子を見て、
 思わず叫びたくなる。

 子供のサッカー技術を上達させたい!
 そんな経験がある方は
 こちらの →トップページ もご覧下さい。

1人でもできる!少年サッカーの上達法


子供のサッカーを上達させたい!
本当に1から練習できる教材がほしい!

元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法とは
「一人でもできる」「親子でもできる」
というコンセプトに基づいたトレーニング方法です。
>>>元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法

越智隼人とは・・・
セレッソ大阪、モンテディオ山形で活躍し、現在はサッカースクールコーチ、山形地区、山形県トレセンコーチを務める。サッカー指導のプロ「越智隼人」が地元クラブチームを設立からわずか5年で県大会優勝まで導いたトレーニング法を公開!
2005年、たった一人の生徒から始まったクラブチームを、わずか5年で県大会優勝にまで導いた越智隼人が、一人でもできる、親子でもできるトレーニングメニューをまとめました。

少年サッカーの技術練習記事一覧

ドリブル

サッカーは、ゴールキーパー以外手を使うことが許されていません。ですから、ボールを移動させるには、パスするかドリブルのどちらかを選択することになります。ドリブルとは、足を...

パス

パスサッカーは、別名ポゼッションサッカーともいいます。現代サッカーの主流を成すフットボールスタイルで、W杯を制したのも、クラブ世界一を制したのもパスサッカーを志向したチームでし...

シュート

サッカーは点を取るゲームです。ですから、シュートを打たなければ勝つことが出来ません。まずシュートの練習では、正しいフォームでシュートが打てるように助けることが必要で...

トラップ

トラップとは、出された浮き球やパスを自分のコントロール下に置く動作のことをいいます。パスで受けたボールの勢いを殺す、止めるということですね。このトラップ技術は少年サッカ...

ヘディング

サッカーは基本的に足を使うスポーツですが、頭は積極的に活用してよいことになっています。これをヘディングといいます。少年サッカーで、ヘディングはゴール前で使用する...

リフティング

リフティングは、ボールを落とさずにコントロールする技術のことで、サッカーの現場ではよく行われる練習方法ですね。サッカーですから、手は使わず、胸、足、腿、頭を使ったトラッ...



クレジットカード 還元率