元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法TOP > サッカーボールを蹴る > チップキック

チップキック「サッカーボールを蹴る」

 


チップキックは、遠くに飛ばすことはできませんが、
ボールを高く上げることができるキックです。

ディフェンダーの頭越しにパスを出すときなどには有効です。
また、バックスピンがかかるので、ボールがはずまないのも特徴です。

やり方としては、
ボールの真下につま先を差し込み、足首を曲げてすくい上げる感じです。

助走は、ワンステップで十分です。
あまり助走をつけすぎると、かえって体が前につんのめるようになるので、ボールが上がらなくなります。

蹴り足の振り上げは、ヒザから下。
足首は、この時点で伸ばし、振り下ろすと同時に足首を曲げます。
ボールの真下に足を差し込み、すくい上げるようにインパクトします。

インパクト後は、上体がかぶさらないように注意しましょう。
また、重心を前へ移動させないこと。
フォロースルーは、ほとんどとらず、スイングを止めてしまいます。

チップキックをした後のグラウンドは、削れているはずです。
これはボールの下に足先が差し込まれた証拠です。

足首が柔らかくないと難しいキックです。
チップキックの練習は、ボールとなじむことが最も大切です。

パワーは必要ありません。
相手をかわして、ヒョイと上がったボールでパスを出す。
余裕があって、周りも見えていて、ちょっとカッコイイですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 注目!

 大切なお子様のサッカー上達で悩んでいる。
 本当に1から練習したいけど教材がない。

 練習や試合の時に、
 他の選手についていけない我が子を見て、
 思わず叫びたくなる。

 子供のサッカー技術を上達させたい!
 そんな経験がある方は
 こちらの →トップページ もご覧下さい。

1人でもできる!少年サッカーの上達法


子供のサッカーを上達させたい!
本当に1から練習できる教材がほしい!

元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法とは
「一人でもできる」「親子でもできる」
というコンセプトに基づいたトレーニング方法です。
>>>元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法

越智隼人とは・・・
セレッソ大阪、モンテディオ山形で活躍し、現在はサッカースクールコーチ、山形地区、山形県トレセンコーチを務める。サッカー指導のプロ「越智隼人」が地元クラブチームを設立からわずか5年で県大会優勝まで導いたトレーニング法を公開!
2005年、たった一人の生徒から始まったクラブチームを、わずか5年で県大会優勝にまで導いた越智隼人が、一人でもできる、親子でもできるトレーニングメニューをまとめました。

サッカーボールを蹴る記事一覧

インサイドキック

インサイドキックは、足の内側をボールに当てる蹴り方です。最も正確な蹴り方なので、少年サッカーの練習においても基本となるキックです。一番足の中で広い部分なのでボールを...

アウトサイドキック

アウトサイドキックは、インサイドキックと対照的なキックと思われがちですが、実際はまったく違う種類のキックです。アウトサイドといっても、まったくの外側でけるわけではなく、...

インステップキック

インステップキックは、最も基本的なキックのように思えますが、実際は 高度な技術を要する非常に難しいキック です。サッカーのキックの中で最難関のキックと言っても過言ではないで...

インフロントキック

インフロントキックは、足の内側(イン)足の前の部分(フロント)で蹴るキックです。使用頻度は非常に高く、様々な場面で使われるキックです。インサイドキックは短い距離で多用さ...

チップキック

チップキックは、遠くに飛ばすことはできませんが、ボールを高く上げることができるキックです。ディフェンダーの頭越しにパスを出すときなどには有効です。また、バックスピン...

ヒールキック

ヒールキックは、ヒールすなわち踵(かかと)で蹴るキックです。少年サッカーでヒールキックを多用することはありませんけど。。。なぜかというと、ヒールキックにはデメリットが多くあ...

トーキック

トーキックはtoe kick、つまりつま先を使って蹴るキックです。少年サッカーでは、あまり積極的に使われることがありません。これは、球体であるボールをつま先という「点」...

強いキックを蹴る

繰り返しになりますが、サッカーの上達には、基本となるところを重点的に練習する必要があります。その基本の1つになるボールキックですが、なかなか強いキックが打てないとい...



クレジットカード 還元率