元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法TOP > サッカー上達法 > フェイントを学ぶ

フェイントを学ぶ「サッカー上達法」

 


フェイントはサッカーでも大切なテクニックの一つです。
いわば敵を欺いてドリブルを続けたり、
シュートコースを空けさせたり出来るからです。

しかし、逆にフェイントが読まれてしまうと、
一気にピンチに陥ることもあります。

一番有名なフェイントは、プロ選手も良く使う
シザースと呼ばれる跨ぎフェイントでしょう。
特に個人技に長けた、ブラジル選手などは
頻繁にドリブルに取り入れます。

ボールの内側から足を回し、アウトサイドでボールを
蹴り出すと思わせるフェイントです。

ノールックパスというフェイントもあります。
これはその名の通り、パスを出す先を見ないでボールを出す行為です。
派手さはありませんが、相手を欺くという意味でフェイントの一つと
いえるでしょう。

少年サッカーでも上記のようなフェイントを使えますが、
もっと簡単なフェイントもあります。

それは、大きく蹴り出すフェイントです。
シュート、あるいはセンタリングを上げるような
大きなフォームでボールを蹴るふりをします。

すると、ディフェンスは足を出したりジャンプしたりして
それを防ごうとします。
そこを何食わぬ顔をして小さく蹴り出し、通り過ぎるフェイントです。

大事な場面であればある程その効果が発揮されます。
このフェイントとシザースを併用すると、
ほぼ確実にディフェンダーは付いてこられません。

しかし、使いすぎると、
フェイントにならなくなりますから注意しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 注目!

 大切なお子様のサッカー上達で悩んでいる。
 本当に1から練習したいけど教材がない。

 練習や試合の時に、
 他の選手についていけない我が子を見て、
 思わず叫びたくなる。

 子供のサッカー技術を上達させたい!
 そんな経験がある方は
 こちらの →トップページ もご覧下さい。

1人でもできる!少年サッカーの上達法


子供のサッカーを上達させたい!
本当に1から練習できる教材がほしい!

元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法とは
「一人でもできる」「親子でもできる」
というコンセプトに基づいたトレーニング方法です。
>>>元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法

越智隼人とは・・・
セレッソ大阪、モンテディオ山形で活躍し、現在はサッカースクールコーチ、山形地区、山形県トレセンコーチを務める。サッカー指導のプロ「越智隼人」が地元クラブチームを設立からわずか5年で県大会優勝まで導いたトレーニング法を公開!
2005年、たった一人の生徒から始まったクラブチームを、わずか5年で県大会優勝にまで導いた越智隼人が、一人でもできる、親子でもできるトレーニングメニューをまとめました。

サッカー上達法記事一覧

軸足の使い方

サッカーの軸足というのは、ボールを蹴る時の反対側の足のことをいいます。エネルギーを溜め込んで、ボールを力強く蹴り出す際の軸となるので、非常に重要ですね。。。この軸足...

身体の使い方

サッカーにおいて、身体の使い方は重要なテクニックの一つです。シュートが上手くても、ドリブルが速くても、身体の使い方が上手くないと良いサッカー選手にはなれません。世界...

フェイントを学ぶ

フェイントはサッカーでも大切なテクニックの一つです。いわば敵を欺いてドリブルを続けたり、シュートコースを空けさせたり出来るからです。しかし、逆にフェイントが読まれて...

シュートはとにかく決める

サッカーでシュートを決めることほど重要なことはありません。最終的に点が入らなければ勝てないスポーツですからね。そのためにシュートを決める技術は非常に重要になってきます。...

パス上達のポイント

サッカーの練習の中でもパスの技術を向上させるための練習は、シュートやドリブルに比べ多くの能力が必要とされています。なぜなら、シュートやドリブルの場合想定するのは相手チームの...

サッカーの上達と親

子供がサッカーに夢中になりサッカーの選手を夢見るようになると、親としてはぜひとも叶えて欲しいと思うようになります。しかし、子供がただ望んで練習しているのを見ているだけでは ...



クレジットカード 還元率