少年野球バッティング塾〜キッズベースボールドリームナビ〜TOP > 野球の基礎知識編 > 野球というスポーツ

「野球というスポーツ」野球の基礎知識編

 


野球というスポーツは、9人ずつの選手で構成する2チームが
攻撃と守備を繰り返し、得点を取り合うという対戦型の球技です。

ご存知のように、守備側の選手がボールを投げ、
それを攻撃側の選手がバットで打つということが基本になります。

バットで決められた範囲内にボールを打ち返すことができれば
グラウンドに置かれた塁に進むことができます。

攻撃側の選手は、本塁からスタートし→1塁→2塁→3塁と進み、
3塁の後で本塁に帰ってくることができれば得点となります。

本塁に帰ってきた得点の多いチームが勝利となります。

先に攻めるチームは「先攻」、
後から攻めるチームは「後攻」、
となります。

攻めているチームが3回「アウト」を取られると
攻撃の権利は相手チームに移ります。

両チームがそれぞれ1回ずつ攻撃し、守備を行うことを「イニング(回)」
といいます。
■先攻チームが攻めている時をその回の「表」
■後攻チームが攻めている時はその回の「裏」
になります。

基本的には9イニングでゲームは終了し、
その時点で相手チームより得点の多いチームが勝ちとなります。

言葉で表すとこんな感じですが、解りにくいですね。

まぁ、野球というスポーツがよく解らないという方も、
あまり難しいことは考えずに「打って走って守って」という
スポーツの醍醐味を満喫できればいいと思います。。。

 

3つの秘訣! キッズベースボールドリームナビ

  たった「3つの動作」をおぼえただけで、ヒット連発で4番バッターに!
  現役少年野球監督が教える強豪クラブチームのカンタンバッティング術・・・
  自分でもコーチできる。毎日20分程度の「3つのバッティング動作」の練習は、
  たしかに効果がありました。
  
  >>>少年野球バッティング塾〜キッズベースボールドリームナビ〜


 


野球の基礎知識編記事一覧

野球というスポーツ

野球というスポーツは、9人ずつの選手で構成する2チームが攻撃と守備を繰り返し、得点を取り合うという対戦型の球技です。ご存知のように、守備側の選手がボールを投げ、それ...

野球の歴史について

野球というスポーツ(球技)は日本にいつ頃渡ってきたのでしょうか。それにはいろいろな説があるようです。最も有力なのは、明治五年(1872年)ごろに開成校(東京大学の前身)...

守備位置(ポジション)

野球は、守備をする側のチームは、9人がそれぞれグラウンド内のある位置(ポジション)について守ります。9人のうち、 ■打者に対して投球を行う役割の選手1人を投手(ピッチャ...

打者に関するルール

野球で攻撃するときの打者はバッターズボックスの中から打つことが決められています。片足でもバッターボックスから踏み出していたらいけません。ただし、バッターボックスのライン...

走塁に関するルール

野球の攻撃で打者がボールを打った後、フェアであれば1塁に向かって走ります。その際に本塁と一塁の中間地点から一塁側の半分に設けられたスリーフットレーン内を走らないといけま...

野球のボールの種類

野球の試合で使用するボールは大きく「軟式用と硬式用」に分けられます。軟式用はゴムで作られていて、ボールの中が空洞なのが特長です※準硬式用として空洞のないものもありま...

野球試合の勝敗の決め方

野球の試合の終了は、ルール上9イニングと定められています。しかし、9イニングが終わらなくても正式な試合として認められる場合があります。マイナーリーグではダブルヘッダ...

投手と捕手について

野球の投手(ピッチャー)とは、打者に対して投球を行う選手のことをいいます。投手はアウトを奪うため、2つの方法を取ります。1つは、投球にバットを当てさせずにアウトを取る方...

投手に関するルール

野球の試合において、投手板から離れているピッチャーは野手と同じです。逆に、投手板に触れている間はピッチャーになります。ピッチャーの原則は、「投手板(ピッチャース...

準備投球と20秒ルール

野球の試合で投手(ピッチャー)の準備投球は、1分以内又は8球以内が基本です。しかし、試合のスピードアップのために球数を減らすことが多いようです。試合開始前、もしくは...


 
FX取引