森部昌広氏の3ヶ月で15kmアップ!ピッチング・スピードアップ プログラムTOP > 野球の基礎知識 > 野球の歴史

野球の基礎知識-野球の歴史

 

いったい野球という球技は日本にいつ頃渡ってきたのでしょうか。
それにはいろいろな説があるようです。

最も有力なのは、明治五年(1872年)ごろに開成校(東京大学の前身)の
アメリカ人教師が、学生と一緒に楽しんだのが始まりとか。

その教師が開成学園(東京大学の前身)のホレエス・ウイルソン(アメリカ人教師)
であるとされています。明治6年(1873年)のことでした。

その後、明治10年(1877年)には、日本で初めて社会人のクラブチームが
誕生しました。作ったのは、平岡熈(ひろし)当時22歳。
機関車製造技術を学ぶために1871年にアメリカに渡り、
1877年帰国して今の国土交通省に当たる工部省の技師になった人物です。

平岡煕氏はアメリカから用具と共にベースボールを輸入(1876年)し、
2年後には「新橋アスレチック倶楽部」を結成したのです。

このクラブチームは、ユニフォームを着てプレーした
最初の野球チームでもあるといわれています。

この後、第一高等学校や帝国大学の学生らによって野球が活発になっていくのです。
鉄道局員や外国人技師などがメンバーで、徐々に結成されて来た大学チームと
対抗試合を行う。特に熱心だったのが第一高等学校(東京大学)でした。

中馬庚氏が、ベースボールを「フィールド(野)でボール(球)を追う」
ことから、初めて「野球」と呼び(1894年)、
第一高等学校対第三高等学校(京大)戦が人気を集め、
野球が広く一般にも親しまれるようになったのです。

以後、早慶戦や全国高校野球大会やプロ野球の発展により
一般的な呼び名として広まり、現在に至っています。

 

野球の基礎知識記事一覧

野球を知る

野球は、9人ずつの選手からなる2チームが対戦する球技です。両チームが攻撃と守備を繰り返し、得点を取り合うというものです。守備側の選手がボールを投げ、それを攻撃側の選...

野球の歴史

いったい野球という球技は日本にいつ頃渡ってきたのでしょうか。それにはいろいろな説があるようです。最も有力なのは、明治五年(1872年)ごろに開成校(東京大学の前身)の ...

守備位置(ポジション)

野球は、守備をする側のチームは、9人がそれぞれグラウンド内のある位置(ポジション)について守ります。9人のうち、 ■打者に対して投球を行う役割の選手1人をピッチャー...

投手と捕手について

野球の投手(ピッチャー)とは、打者に対して投球を行う選手のことをいいます。投手はアウトを奪うため、2つの方法を取ります。1つは、投球にバットを当てさせずにアウトを取る方...

打者に関するルール

打者はバッターズボックスの中から打つことが決められています。片足でもバッターボックスから踏み出していたらいけません。ただし、バッターボックスのライン上なら問題ありません。 ...

走塁に関するルール

打者がボールを打った後、フェアであれば1塁に向かって走ります。その際に本塁と一塁の中間地点から一塁側の半分に設けられたスリーフットレーン内を走らないといけません。こ...

野球のボール

野球のボールは大きく「硬式用と軟式用」に分けられます。硬式用はコルクやゴムなどを芯とし、その芯を糸でグルグル巻にしていきます。そしてその球状になったものを牛か馬の皮2枚...

野球試合の勝敗は

野球の正式試合は、ルール上9イニングと定められています。しかし、9イニングが終わらなくても正式試合になることがあります。マイナーリーグではダブルヘッダーの2試合目を7イ...


 
アルバイト求人探し