森部昌広氏の3ヶ月で15kmアップ!ピッチング・スピードアップ プログラムTOP > 野球の投手(ピッチャー)を知る > ボークの種類とは

野球の投手(ピッチャー)-ボークの種類とは

 

 
ボークとは、塁上に走者がいる時の投手の反則行為で、
この場合、塁上の全走者が一つ進塁出来ます。

■投手板(プレート)に触れている投手が、投球に関連する動作を起こしながら、投球を中止した場合。
投手板に軸足を触れ、セットポジションをとる為に両手を前に出した時点で既に投球動作は始まっているので、これを途中でやめたりするとボークです。また、投球動作を起こし、自由な足をプレートの後方まで持って来たら、ここから牽制は投げられません。(ただし、2塁への牽制は可)

■投手板(プレート)に触れている投手が、1塁に送球(牽制)するまねだけして、実際に送球しなかった(つまり偽投した)場合。
2塁・3塁へはプレートに足を付けたまま偽投できますが、1塁へ偽投する場合は、プレートを外す必要があります。

■投手板(プレート)に触れている投手が、塁に送球(牽制)する際に、足を直接その方向に踏み出さなかった場合。
2塁・3塁へは偽投の場合ももちろん当てはまります。なお、軸足をプレートから外せばどのような格好で牽制を投げても構いません。

■投手板(プレート)に触れている投手が、走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合。
ただし、塁の空過や離塁のアピールなどの必要があれば差し支えありません。

■投手が反則投球(主にクイックピッチ)をした場合。
クイックピッチというのは、打者がまだ十分な構えをしていないうちに投球するもので、ボークとなり、塁上に走者がいない場合はボールとします。

■投手が打者に正対しないうちに投球した場合。

■投手が投手板(プレート)に触れないで、投球に関連する動作をした場合。

■投手が不必要に試合を遅延させた場合。
二塁ベースに入っていない二塁手や遊撃手に牽制球を投げたりすると、この項が適用され、ボークになる可能性があります。

■投手がボールを持たないで投手板(プレート)に立つか、これをまたいで立つか、あるいは投手板(プレート)を離れていて投球するまねをした場合。
これは、いわゆる隠し球を制限するものだと思われます。

■投手が正規の投球動作をとった後、実際に投球するか、塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合。
一方の手を離す(セットポジションを解く)には、その前に軸足をプレートから外さなければいけません。なお、軸足をプレートから外したら、セットポジションも解かなければならず、セットポジションのまま再びプレートに足を付けると、これもボークになります。

■投手板(プレート)に触れている投手が、故意であろうと偶然であろうと、ボールを落とした場合。
塁上に走者がいない場合は、投手の手から飛び出た球がファールラインを越えるとボールになりますが、それ以外の場合は投球とみなされません。

■故意四球(敬遠)のときに、投手がキャッチャーボックスの外にいる捕手に投球した場合。
捕手は、投手の手からボールが離れるまでは、キャッチャーボックスの外に足を出してはいけません。

■投手がセットポジションから投球するに際して、完全に静止しないで投球した場合。
一旦静止したら、投球または牽制の動作に移るまでに首以外の部分を動かすと、これもボークとなります。(いわゆる二段モーションとなります)
なお、軸足を投手板(プレート)から外す場合は、
投手板の後方(つまり2塁側)に外さなければいけません。

ボークの投球にも関わらず打者が打ち、打者と塁上の全ての走者が一つ以上
進塁した場合は、ボークは無かったものとし、そのままプレーが続きます。

走者1塁、1・2塁、もしくは満塁の時に、ボークの投球が四球または死球になった場合は、
打者と塁上の全ての走者が一つづつ進塁する事になるので、こちらの方を採ります。

投手がボークをして、塁または本塁に悪送球(投球も含む)した場合、
塁上の走者はボークによって与えられる塁よりさらに先の塁へ、
アウトを賭して進んでも構いません。

 

野球の投手(ピッチャー)を知る記事一覧

投手に定められているルール

投手板を離れているピッチャーは野手と同じです。そして、投手板に触れるとピッチャーになります。ピッチャーの原則は、「投手板(ピッチャースプレート)に触れるとピッチ...

準備投球と20秒ルール

1分以内又は8球以内が準備投球の基本ルールです。しかし、試合のスピードアップのために球数を減らすことが多いようです。試合開始前、もしくはイニングの開始前、ピッチャー...

投球時の姿勢

投手の投球姿勢はワインドアップポジションとセットポジションの2種類になります。「自由な足」の位置によってポジションが分かれます。一般的には、ランナーがいないときはワ...

投球動作について

バッターに向かって投球動作を始めたら投球を完了しなければならない。投球は「準備動作」と、それに続いてバッターに投げる「投球動作」によって行います。投球動作に入ったら...

反則投球とは

ボールや手に投球を不正にする細工を加えてはいけません。素手でボールを擦るのはOKです。ピッチャーは、次のことを禁止されています。 @.投手板を囲む18フィートの...

遅延行為・危険球

故意に試合を遅らせる行為や危険な行為は反則となります。また、頭への危険球は即退場となります。ボールや手に不正を加える以外にも、次の反則投球があります。 ■遅延行...

ボークを宣告する意味

ボークとは、塁上に走者がいる時の投手の反則行為のことです。この場合、塁上の全走者が一つ進塁出来ます。ボークは、ランナーをアウトにしたり、進塁を防いだりするために、 ...

ボークの種類とは

ボークとは、塁上に走者がいる時の投手の反則行為で、この場合、塁上の全走者が一つ進塁出来ます。■投手板(プレート)に触れている投手が、投球に関連する動作を起こしながら...

先発投手・救援投手の義務

先発ピッチャーは、最低でも1人のバッターに投げ終えなければなりません。救援ピッチャーは、1人に投げ終わるかチェンジになるまで投げることになります。ピッチャーには、先...

投手の所(マウンド)に行く制限

1イニング中にピッチャーのもとへ2回行ったらピッチャー交代となります。試合をすみやかに進行するために、プレー中、監督やコーチなどがピッチャーのもとへアドバイスなどに...

ストライクゾーン

ストライクゾーンは、打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平ラインを上限として、ヒザ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間(規則2.73)と定...

ピッチャーの球種

ピッチャーはバッターに打たれないようにするため、ボールの握り方などを変えて横に変化するボール縦に変化するボールなど、様々な種類のボールを投げます。ここではよく聞く9...


 
アルバイト求人探し